Search
Search Menu

取得前に知っておきたい運転免許の種類

普通免許以外にも様々な種類がある

一般的に運転免許というと普通自動車を運転できるようになる普通免許のことを指します。しかし、運転免許にはたくさんの種類があり、取得した免許によって運転できる自動車にも違いがあります。普通免許では普通自動車しか運転できないものの、準中型免許なら準中型自動車を運転することが可能です。また、中型免許なら中型自動車も運転可能になり、大型免許を取得すれば大型自動車も運転できるという仕組みになっています。

一方、運転免許には自動二輪や特殊車両を運転するためのものもあります。自動二輪には原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許の三種類があり、特殊車両の場合には小型特殊免許と大型特殊免許を取得できます。原付免許は原動機付自転車を運転するための免許で、他の運転免許を取得するだけでも乗れるようになる場合がほとんどです。自動二輪の場合には400ccを境にして排気量が小さい二輪車は普通自動二輪免許でも運転できますが、400ccを超える場合には大型免許が必要です。また、125cc以下の自動二輪だけを運転できる限定免許も存在し、小型自動二輪免許と呼ばれていることもあります。

特殊車両の場合には小型特殊免許なら工場内などで利用する小型のフォークリフトなどの小型特殊自動車を運転可能になり、大型特殊免許を取得するとロードローラーやシャベルカーなどの大型特殊自動車を運転できるようになります。この他に牽引免許も存在しています。牽引免許は自動車を牽引する為に必要な免許で、主にトレーラーやタンクローリーなどを運転する目的で取得されるのが特徴です。

このように運転できる車両による分類もありますが、運転免許には第一種と第二種という分類もあります。車両を運転する目的によって違う免許を取得しなければならない場合があるのです。第一種の運転免許の場合にはレジャーや商品の運送など一般的な目的での車両の運転ができるようになりますが、旅客自動車を旅客運送の目的で利用することはできません。バスやタクシーなどを運転するためには第二種免許を取得することが求められています。第二種免許は普通免許だけでなく大型、中型、大型特殊、牽引の免許があり、車両に関する大きさなどの制限は第一種免許と全く同じになっています。第一種の免許を取得した後、必要に応じて教習を受けて第二種の免許を取得するという道筋を辿ることが可能です。

種類を理解してから取得する免許を決めよう

このように運転免許にはたくさんの種類があり、取得した免許によって運転できる自動車が異なっています。何を運転したいかに応じて適切な免許を取得しましょう。